ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

アニメ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

えう゛ぁんげりおんしんげきじょうばんじょ

2007年9月1日に公開された日本のアニメーション映画。



イントロダクション

真の姿が現れる、新EVA伝説2ステージ

新たな未来を新たなビジョンで語る、映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4部作(公開は全3回を予定)。

2007年9月に公開された第1部「序」は、大きな拍手をもって迎え入れられた。

ビルド(再構築)という手法で大きくスケールアップされた映像は、観客の心を大きく揺り動かしたのである。

その感動をふまえ、次のステップを目ざして第2部「破」が始動する。

汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ

大きな運命を託された14歳の少年の物語は、ここから未知の領域へ突入する。

綾波レイと人気を二分するヒロイン、アスカエヴァンゲリオン2号機に乗って参戦。加えて魅惑の新ヒロイン、マリが登場する。

謎の敵性体“使徒”とEVAシリーズの戦いは新エヴァンゲリオン仮設5号機の参加で、さらに激しくエスカレートしていく。

スクリーンに続々と展開する、誰も見たことのないバトルシーン。

驚異のスペクタクルの興奮は、未知の物語へとつながっていく。

あえてTVシリーズと同じ出発点からスタートしてみせた新EVA伝説。

この第2ステージからは新しい要素が加わり、大きく物語のポイントが切りかわっていく。

そこから見えてくる全4部作の真の姿とは、はたして何なのだろうか?

完全新作が招来する映像体験の興奮

新キャラ・新エヴァなどの斬新な要素だけではなく、

未知の展開に対応したデジタル時代のエヴァ映像も「破」の大きなみどころである。

第1部「序」前半では過去の作品をベースに大胆なCG映像を加えてリビルドし、

さらにクライマックスとなる「ヤシマ作戦」では過去と根底から異なる新作映像を提示して、大きな反響を得た。

この成果をふまえて、第2部「破」では実証済みの「エヴァ独特のデジタル映像使用法」をより発展させるべく、

大きく方針を変更。原画など既存素材の流用にこだわらず、完全新作をベースに制作が進められている。

大量に描き起こされたデザインと設定。

洗練されたCG技術も増量され、新たなイメージを具現化している。

エヴァはビジュアル面でもさらに進化し、次の段階へ向かっている。

物語・映像の両面から、「序」で再構築されたはずのあらゆる事象は土台を失っていったん倒壊し、

新劇場版は混沌の中から《未来》に向けて刷新されていく。

それはまさにエヴァだけが可能とする行先不明の《ライブ感覚》。いま、大転換のための幕があがる。

押し寄せる戦慄の感覚。それはまさに「破」なのである!

http://www.evangelion.co.jp/introduction.html

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]