ヴァイマルとデッサウのバオハオスとその関連遺産群

ヴァイマルとデッサウのバオハオスとその関連遺産群

(地理)
う゛ぁいまるとでっさうのばおはおすとそのかんれんいさんぐん

(英名:Bauhaus and its Sites in Weimar and Dessau、仏名:Le Bauhaus et ses sites à Weimar et Dessau)
1996年に登録されたドイツの世界遺産(文化遺産)。バオハオステューリンゲン州ヴァイマルに設立された総合造形学校。建築家のヴァルター・グロピウス(1883〜1969年)によって1919年に設立された。芸術家を養成する旧ザクセン大公立造形美術大学と専門技術者を養成する旧ザクセン大公立芸術工芸学校が合併してできた学校で、建築、工芸、美術を学ぶことができた。新しい様式の創出を理念とし、芸術的でありながら高性能で機能的、安価で大量生産可能な製品のデザインを目指した。雑誌『バオハオス』や多くの書籍も刊行して啓蒙活動も行った。バオハオスは1925年にヴァイマル北東にあるザクセン=アンハルト州デッサウに移転し、1932年にはベルリンに移転、1933年に廃校となった。バオハオス大学本部棟、デッサウの校舎、マイスターハウスなどが登録の対象になっている。ベルリン時代はごく短期間で遺産登録物件には含まれていない。バオハオスで創作された多くの作品が、世界のモダニズム建築やアートに大きな影響を与えたことなどが評価され、世界遺産に登録された。

新着ブログ: ヴァイマルとデッサウのバオハオスとその関連遺産群