ヴァネーゲム

読書

ヴァネーゲム

うぁねーげむ

ラウルヴァネーゲム(1934−) ベルギー生まれのシチュァシオニスト。1952年から56年までブリュッセル自由大学でロマンス語文献学を勉強。61年から70年までSIベルギー・セクションで活動。67年に出版した『若者用処世術概論』は、ドゥボールの『スペクタクルの社会』とともにシチュァシオニストの書物として爆発的に読まれた。シチュァシオニスト以降の著作に『快楽の書』(79年)など