ヴァフリーズ

読書

ヴァフリーズ

う゛ぁふりーず

田中芳樹の小説『アルスラーン戦記』の登場人物。

パルス王国の大将軍(エーラーン)で、国王アンドラゴラス三世の腹心。若き王太子アルスラーンにとっては剣の師匠でもある。気弱な彼の行く末を案じ、甥のダリューンアルスラーン個人への忠誠を誓わせる。

ルシタニア軍との第一次アトロパテネ会戦では、敗走するアンドラゴラス三世を庇い、銀仮面卿に討たれる。