ヴァル・パスクチ

スポーツ

ヴァル・パスクチ

ばぁるぱすくち

Valentino Pasccuci 

プロ野球選手。愛称「ヴァル」。

右投右打、ポジションは外野手背番号は43番。

1978年11月17日生まれ。198cm 113kg。

オクラホマ大から1999年、モントリオール・エクスポズに入団。

2004年、MLBに昇格。32試合に出場、打率.177、2本塁打、6打点の成績を残す。

同年、エクスポズ傘下の3Aエドモントンにて、打率.298、25本塁打、92打点という成績を残したことが注目される。

2005年、千葉ロッテマリーンズに入団。

右の長距離砲として期待がかけられ、4番目の外国人野手として、主力の穴埋めという形で出場。

31年ぶりのリーグ優勝日本一に貢献した。

2006年のWBCにはイタリア代表として出場を果たした。

同年オフに千葉ロッテマリーンズを退団後は、アメリカマイナーリーグでプレー。

2011年ニューヨーク・メッツで久しぶりにMLB復帰。

2013年、現役引退


その桁外れのパワーから「イタリアンバズーカ」の異名をとり、マリーンズファンからはパスクチ復帰を待望する声が多かった。


リスト::野球選手