スマートフォン用の表示で見る

ヴァルキューレ

一般

ヴァルキューレ

う゛ぁるきゅーれ

北欧神話の登場人物として

ヴァルキューレオーディンに仕える戦いのディースたち。「戦死者を選ぶ女」を意味する。

兜を被って手に槍を携え、空飛ぶ馬に乗って天を翔ける乙女の姿で描かれる。

ヴァルキューレは戦運が神格化された存在であるため、戦闘に関わる言葉をそれぞれ名前としている。

ラグナロクの為にオーディンは勇敢に戦って戦死した王や戦士を神界へ集めている。ヴァルキューレたちはそういった者たちを選ぶために人間の戦場へと飛来する。

倒れた戦士をヴァルハラへと運んだヴァルキューレたちは復活した戦士たちを天女のようにもてなす。

後には、人間の王女等も生身のままでヴァルキューレになれると考えられるようになったという。

リヒャルト・ワーグナーの楽劇『ニーベルングの指輪』の登場人物として

設定は北欧神話ヴァルキューレを強く踏襲している。北欧神話ヴァルキューレオーディンの従者であって娘ではないが、ワーグナーワルキューレはヴォータンとエルダの娘である。

ワルキューレブリュンヒルデを長女とし、ゲルヒルデ、オルトリンデ、ヴァルトラウテ、シュヴェルトライテ、ヘルムヴィーゲ、ジークルーネ、グリムヒルデ、ロスヴァイセの八人の妹がいる。

劇中でのワルキューレの役割はヴァルキューレとほとんど変わらないが、戦死する勇者を決定する権利が無い。

ヴォータンの命令にそむいたブリュンヒルデは神々の世界から追放され、ローゲの炎の中で眠りにつく。

関連:ニーベルングの指環