ヴァルハラの晩ご飯

読書

ヴァルハラの晩ご飯

う゛ぁるはらのばんごはん

三鏡一敏ライトノベル。イラストはファルまろが担当。

電撃文庫KADOKAWA/アスキー・メディアワークス)にて2016年2月より刊行。

第22回電撃小説大賞<金賞>受賞作。

内容紹介

神々の台所を舞台に贈る“やわらか神話”ファンタジー開幕!

神の国の台所“ヴァルハラキッチン”の夕飯時はいつも大忙し! ボク、喋れるイノシシのセイ(本名:セーフリームニル)はそのお手伝いとして、なんと主神オーディンさま直々の指名を受けてここにやってきたんだ。

――『料理される側』としてね!  いや、確かにボクは「一日一回生き返る」っていう不思議な能力を持ってるし、自慢じゃないけど肉質にも自信があるよ? でもだからって「毎日死んでご飯になれ」ってひどすぎない!? ……まあこの力のおかげで、美しくて可愛いヴァルキューレブリュンヒルデさまのお傍にいられたりするから、全部が全部つらいってわけじゃないんだけどさ……。

って、あれ、神界ナンバー2のロキさまがなぜここに? え、神界のピンチだから一緒に来い!? いやぁ、ボクただのイノシシですからってうわあああぁーー。

http://dengekibunko.jp/newreleases/978-4-04-865752-5/