一般

ヴァンガード級

う゛ぁんがーどきゅう

HMS.Vanguard

英国最後の戦艦

起工は1941年、完成は1946年。主砲塔が、R級戦艦の6番艦として計画されていたものを流用した大型軽巡洋艦カレイジャス級から更に転用されているので、「大叔母の歯をつけた新型艦」などと呼ばれることもある*1

しかし、走攻守いずれも高いレベルでまとまっており、優れてバランスの取れた良艦である*2と言えるだろう。

もっとも、完成時には既に戦艦の時代は終わっており、練習艦隊の旗艦や王室ヨット的な使われ方をした後に解体された。

なお、ヴァンガードはよく「世界最後の戦艦」と言われる。しかし、完成日時から言うと、フランス1936年度計画艦「ジャンバール」が1950年4月に就役し、完全に完成したのが1952年であるから、こちらがのほうが後になる。又、ソヴィエト1951年以降にも巡洋戦艦スターリングラード級?を起工している(未成)。

要目

全長:243.8メートル

全幅:32.9メートル

基準排水量:44500トン

満載排水量:51420トン

機関出力:12万馬力

最大速度:31ノット

主砲:15インチ連装砲4基8門

副砲/高角砲:5.25インチ連装砲8基16門

舷側装甲最大厚:349ミリ

甲板装甲最大厚:149ミリ

*1:ついでに機関も未成戦艦のを流用

*2大和級アイオワ級の傑出している部分は、代わりに何かを捨てて手に入れていたものであって、本来の高速戦艦の進化系統樹から見ると正統的なものとは言いがたい