スマートフォン用の表示で見る

ヴィクトリー

スポーツ

ヴィクトリー

う゛ぃくとりー

ヴィクトリー

生年月日2004年4月3生まれ・牡・鹿毛
生産者ノーザンファーム北海道早来
ブライアンズタイム
グレースアドマイヤ
母の父トニービン
馬主近藤英子
管理調教師音無秀孝栗東
競走成績16戦3勝(2009年8月引退)
主な勝ち鞍皐月賞
備考半兄リンカーン


ヴィクトリー栗東トレーニングセンター音無秀孝厩舎に所属した引退競走馬


2006年・2007年(2歳・3歳シーズン)

2006年11月にデビューし新馬勝ちをおさめた。12月、キャリア2戦目でラジオNIKKEI杯2歳Sに3番人気で挑戦、先行してしぶとく粘りフサイチホウオーのクビ差2着と頭角を現した。翌2007年3月、皐月賞指定オープン若葉Sに優勝し皐月賞への優先出走権を獲得した。皐月賞は2歳時の武騎手、前走の岩田騎手から田中勝春騎手に乗り替わり7番人気の伏兵評価に留まった。レースは途中からハナを奪うと絶妙なペース配分で逃げ、ゴール前で追いすがるサンツェッペリンを差し返し優勝した。鞍上の田中勝春騎手は15年振りとなるJpnIGI)競走勝利。続いて挑戦した日本ダービーは2番人気に支持されたが9着に敗れた。秋シーズンは神戸新聞杯から始動、3着だった。菊花賞ジャパンカップは二桁着順と大敗し休養に入った。

2008年・2009年(4歳・5歳シーズン)

ダートとなるフェブラリーSに挑戦したものの15着、続く大阪杯も9着、金鯱賞も14着と良化が見られず2008年シーズン後半は全休。再始動は2009年の京都金杯となった。このレースも15着に敗れたが、京都記念は3着、中京記念は4着と良化の兆しを見せた。しかしながら続いて挑戦した大阪杯金鯱賞を大敗し2008年8月13日に競走馬登録を抹消、引退した。今後は種牡馬となる予定。


ヴィクトリーの血統


ブライアンズタイム
*Brian’s Time
Roberto Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
Kelley’s Day Graustark Ribot
Flower Bowl
Golden Trail Hasty Road
Sunny Vale
グレースアドマイヤ トニービン
*Tony Bin
*Kampala Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
バレークイーン
*Ballet Queen
Sadler’s Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Sun Princess *English Prince
Sunny Valley


リスト::競走馬

目次
    • ヴィクトリー
    • 2006年・2007年(2歳・3歳シーズン)
    • 2008年・2009年(4歳・5歳シーズン)
    • ヴィクトリーの血統