スマートフォン用の表示で見る

ヴィゴ・モーテンセン

映画

ヴィゴ・モーテンセン

う゛ぃごもーてんせん

Viggo Mortensen

俳優

略歴

父はデンマーク人、母はアメリカ人。高校時代から演技を始め、演劇学校に入学。舞台劇「ベント」でドラマローグ・アワードを受賞した実力派として注目される。

映画デビューは、「刑事ジョン・ブック/目撃者」(85)。以降、ショーン・ペン監督「インディアン・ランナー」(91)や「クリムゾン・タイド」(95)「ある貴婦人の肖像」(96)「G.I.ジェーン」(97)「ダイヤルM」(98)などに出演、様々な役柄を演じ分ける多彩な才能が高く評価されている。

また、幼い頃に各国で生活した経験があるために数ヶ国語を流暢に話し、詩集の出版や、絵や写真を発表するなど、アーティストとしても活躍している。

ロード・オブ・ザ・リング」のアラゴルン役として、40歳を過ぎてからスターになった。

主な出演作品

アカデミー賞