スマートフォン用の表示で見る

ヴィム・ヴェンダース

映画

ヴィム・ヴェンダース

う゛ぃむう゛ぇんだーす

Wim Wenders

ドイツ映画監督1945年8月14日生まれ。

本名はErnst Wilhelm Wenders。ミュンヘン大学在学中に何本か短編映画を作り、卒業製作で「都会の夏」を発表。その後ニコラス・レイ監督のアシスタントを務め、「ゴールキーパーの不安?」、「まわり道?」などを発表。コッポラ製作の「ハメット?」でハリウッドに進出。「パリ、テキサス」で国際的な評価を得る。「ベルリン・天使の詩」は、日本でロングランヒットとなった。その後も、世界各国を飛び回りながら、精力的な活動を続けている。

主な監督作