ヴィルヘルム・カイテル

一般

ヴィルヘルム・カイテル

う゛ぃるへるむかいてる

ヴィルヘルム・カイテル、 Generalfeldmarschall , Wilhelm Kaitel

[最終階級:陸軍元帥]

年譜

1882年:地主階級出身

第一次世界大戦に参加し負傷。その後参謀本部配属。

戦後、軍隊局?に勤務。

1938年2月:ヒトラーの国防軍掌握後は、国防軍総司令部総監*1に任命される。1945年の敗戦までこの地位だった。

1941年:「夜と霧の布告」といわれるものを出す。

1944年7月:ヒトラー暗殺未遂事件では軍事法廷裁判官として、多くの将校死刑を宣告。

戦後、ニュルンベルク裁判にて戦犯として裁かれる。「反ナチス派殺害の命令に署名」などの罪で有罪確定。

1946年10月16日:絞首刑に処された

*1陸軍大臣と同格。すべての主要な作戦命令に署名した