ウェストファリア条約 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

ヴェストファーレン条約

う゛ぇすとふぁーれんじょうやく

(独: Westfälischer Friede、英: Peace of Westphalia)

1648年に締結された三十年戦争講和条約で、ミュンスターオスナブリュックで開催された講和会議の結果、1648年10月24日に調印された。英語読みで「ウェストファリア条約」とも呼ばれる。近代における国際法発展の端緒となり、近代国際法の元祖ともいうべき多国間条約である。この条約によって、ヨーロッパにおいて30年間続いたカトリックプロテスタントによる宗教戦争は終止符が打たれ、条約締結国は相互の領土を尊重し内政への干渉を控えることを約し、新たなヨーロッパの秩序が形成されるに至った。この秩序をヴェストファーレン体制ともいう。