スマートフォン用の表示で見る

ヴェルダン条約

地理

ヴェルダン条約

べるだんじょうやく

Vertrag von Verdun

843年にカロリング朝フランク王国の王であるルートヴィヒ1世の死後、遺子であるロタール、ルートヴィヒ、カールがフランク王国を3分割して相続することを定めた条約のこと。この条約によって東フランク王国西フランク王国中フランク王国中部フランク王国)が誕生し、それぞれ現在のドイツフランスイタリアの原型が形成された。