スマートフォン用の表示で見る

ヴォー・グエン・ザップ

社会

ヴォー・グエン・ザップ

う゛ぉーぐえんざっぷ

ベトナム語: Võ Nguyên Giáp, 漢字: 武元甲, 1911年8月25日 - 2013年10月4日)

ベトナムの軍人、政治家。元ベトナム共産党政治局員。ベトナム人民軍 (QDND) 総司令官。大将。

1911年ベトナム北部で生まれる。1926年・1927年の学校ストライキに参加する過程で反フランス運動に加わる。1932年頃からハノイフランス史の講師を務める。1940年6月、ファム・バン・ドンと雲南省に脱出、昆明ホー・チ・ミンに出会う。1944年に武装宣伝解放軍を作り、ベトナム人民軍の基礎を創設。ベトナム八月革命第一次インドシナ戦争では軍最高司令官としてフランス軍1960年代初頭から1975年4月30日のベトナム戦争第二次インドシナ戦争)においては、アメリカ軍及びベトナム共和国軍南ベトナム軍)との戦いを指揮し、ベトナムを再統一する大きな原動力となった。その采配から、「赤いナポレオン」と呼ばれた。