スマートフォン用の表示で見る

ヴラド・ツェペシュ

読書

ヴラド・ツェペシュ

う゛らどつぇぺしゅ

(ワラキア公ヴラド3世、Vlad III , 1431年11月10日 - 1476年)

15世紀ルーマニアのワラキア?領主。通称「ドラキュラ公?」または串刺し公(Kazıklı Bey /Vlad Drăculea / Vlad Ţepeş)。「ツェペシュ」も姓ではなく、ルーマニア語で「串刺しにする者」を意味する。ブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ』に登場する吸血鬼ドラキュラ伯爵のモデルの一人として知られる。諸侯の権力が強かったワラキアにあって中央集権化を推し進め、オスマン帝国と対立するなど、ルーマニア独立のために戦った英雄として評価されている。