ゼータプラス からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アニメ

Ζプラス

ぜーたぷらす

雑誌企画『ガンダム・センチネル』およびOVA機動戦士ガンダムUC』に登場するモビルスーツ

エゥーゴの支援組織カラバおよび地球連邦軍による、ΖガンダムZガンダム)をベースにした可変MSのバリエーション群。

Ζプラスは多数の機体バリエーションを有し、また、バリエーションごとの性能の差異も大きい。

カラバによって開発・運用されたA1型は大気圏内における長距離侵攻を主眼としており、特に生産性が優れていたという。カラバにいたアムロ・レイ大尉(当時)もテスト機に搭乗しており、彼の手を離れた後も塗り替えを行わずに各地を転戦したらしい。U.C0096年現在も地球連邦地上軍の一部施設には複数の本機が継続配備されている。

このほかのバリエーションとしては宇宙空間戦闘に対応できるよう再設計されたC1型が知られる。ペズンの反乱におけるニューディサイズとの戦闘において、α任務部隊(母艦・ペガサスIII)の2機が戦闘に参加した記録が残っている。