αアジール からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アニメ

α・アジール

あるぱあじーる

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場するモビルアーマー

シャア・アズナブル率いる新生ネオ・ジオンが開発したニュータイプ専用超大型試作MA。型式番号はNZ-333。クェス・パラヤが搭乗。

デラーズ紛争期のノイエ・ジール、第一次ネオ・ジオン抗争期のクィン・マンサなど、ジオンネオ・ジオンニュータイプ専用機の集大成とも言うべき機体である。全長108.26m、本体重量128.6tという巨体のため、通常サイズの艦船には格納することは出来ず、非戦闘時には艦船に曳航されて移動する。大推力とサイコミュによってコントロールされる火器を全身に装備し、圧倒的な戦闘能力を有する。

操縦用インターフェースサザビーヤクト・ドーガと同系で、コクピットは頭部にある。スカートアーマーから伸びている二本の足のような部分は、大型プロペラントタンクとスラスターが一体化した強襲用シュツルムスラスターユニットとなっている。

主兵装の大型ファンネルを9基装備している他、口状の部分に大型メガ粒子砲、額にバルカン砲2門、左右側頭部には連装バルカン砲を装備。左右ショルダーアーマーには有線サイコミュ式メガアーム砲が装備され、有線コントロールによるオールレンジ攻撃が可能。また、ショルダーアーマー内部には腕と三本爪のマニピュレーターが折り畳まれて収納されている。

劇中ではアクシズ地球へ落とす最終作戦で戦場に投入された。ロンド・ベルMS部隊を圧倒した後、ギュネイ・ガスが駆るヤクト・ドーガの援護を受けつつ、アムロ・レイνガンダム交戦する。しかし、アムロには歯が立たず、機体は損傷してしまう。 ギュネイを撃墜したアムロを追うが、そこにハサウェイ・ノアジェガンが説得に現れる。クェスはハサウェイを拒絶して振り払おうとするが、そこに背後から現れたチェーン・アギリ・ガズィグレネードランチャーを放つ。クェスがハサウェイを助けるためジェガンを振り払ったところで、機体の損傷部にグレネードの直撃を受け、轟沈した。

ガンダムコレクション 1/400 MZ-333 α・アジール

ガンダムコレクション 1/400 MZ-333 α・アジール