スマートフォン用の表示で見る

阿南町

地理

阿南町

あなんちょう

長野県下伊那郡阿南町は、長野県南端に位置し、長野県下伊那郡に属する地方公共団体

1957年7月1日発足。

面積は123.35km²、人口は4,840人*1

地勢

本州の中央に位置する南アルプス中央アルプスに挟まれ、太平洋に注ぐ天竜川右岸にあり、長野県南端下伊那郡南部に位置している。東は天竜川を隔てて泰阜村、西は阿智村平谷村売木村、南は天龍村と、愛知県豊根村、北は下條村と接しており、東西15.5km、南北18.2kmに及ぶ。

町の主要道路は、飯田市豊橋市を結ぶ国道151号で、町の真ん中を南北に縦断し、新野地区で売木村天龍村へ通じる国道418号と交差している。

標高は、315mから1,664mにおよび、起伏の多い傾斜地に56の集落が点在する山間地域。天竜川流域には第三紀層が広く分布し、サメの歯に代表される化石が産出されている。

森林が町の総面積の84%を占め、農用地は7%、宅地は1%。

沿革

1957年7月、大下条村、和合村、旦開村がに合併して阿南町発足。

1959年4月、富草村を吸収合併

*12016年12月1日現在