スマートフォン用の表示で見る

阿波沖海戦

社会

阿波沖海戦

あわおきかいせん

阿波沖海戦(あわおきかいせん)

1868年戊辰戦争の戦闘の一つ。兵庫海戦とも言われる。薩摩藩軍艦(春日)、一方、榎本武揚率いる旧幕府軍艦隊の(開陽)が阿波沖で激突。どちらも大きな損害には至らなかった。春日は敗走し、鹿児島へ無事に帰藩。しかし薩摩藩運送船(翔凰)は、拿捕される事を恐れて自焼した。榎本武揚は、それを見て(敵ながらあっぱれ)として讃えたとされる。鳥羽伏見の戦いと異なり、旧幕府軍側が勝利した戦いであり、また、この戦闘は、日本史上初めて行われた蒸気機関所有の軍艦同士の海戦であった。