スマートフォン用の表示で見る

阿房列車

読書

阿房列車

あほうれっしゃ

内田百里涼作。作中では「用事もなく汽車に乗ること」を「阿房列車を運転する」と表現している。

ちくま文庫 内田百僚言(2002年)

阿房列車―内田百けん集成〈1〉   ちくま文庫

「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」。昭和25年、先生は旅に出た。道づれはヒマラヤ山系なる茫洋とした男。役に立つこと、ためになることはひとつもせず、借金まみれなのに一等車に乗り、妙に現実ばなれした旅はふわふわと続く。上質なユーモアに包まれた紀行文学の傑作。

新潮文庫(2003年)

第一阿房列車 (新潮文庫) 第二阿房列車 (新潮文庫)

「なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来ようと思う」。借金までして一等車に乗った百寮萓検∪ご崚な用事のない行程を「阿房列車」と名付け、弟子の「ヒマラヤ山系」を共づれとして旅に出た。珍道中のなかにも、戦後日本復興の動きと地方の良俗が描き出され、先生と「ヒマラヤ山系」の軽妙洒脱な会話が彩りを添える。読書界の話題をさらった名著を新字新かな遣いで復刊。

ただ列車に乗るだけのための内田先生の旅は続く。「汽車が走ったから遠くまで行き著き、又こっちへ走ったから、それに乗っていた私が帰って来ただけの事で、面白い話の種なんかない」。台風で交通が寸断する九州では、なぜか先生と弟子の「ヒマラヤ山系」が乗る汽車だけはちゃんと走り「無事に予定通りに行動しているのが、相済まぬ」。悠揚迫らざるユーモアに満ちた、シリーズ第二弾。

▼ 福武文庫(1991年-92年)

ISBN:4828832122 ISBN:4828832246 ISBN:4828832378

旺文社文庫1979年-80年、旧漢字旧仮名)

ISBN:4010612746 ISBN:4010612754 ISBN:4010612819