スマートフォン用の表示で見る

哀蚊

一般

哀蚊

あわれが

太宰治最初期の短編小説

夏が終わっても生き残っている蚊のことを、

哀蚊(あわれが)と言う。

との記述あり。