スマートフォン用の表示で見る

愛とは決して後悔しないこと

映画

愛とは決して後悔しないこと

あいとはけっしてこうかいしないこと

1970年代初頭に映画・小説で大ヒットした『ある愛の詩』中に出て来る名セリフ。

物語は、白血病で死ぬ女子大生と、お坊ちゃま風エリート大学生との泣かせる恋愛話。

元の英語のセリフは

Love means never having to say you're sorry.

名セリフであり名訳だと編者は思うが、それ故にパロディも日本語・英語ともにそれなりの数が存在するようである。