スマートフォン用の表示で見る

愛甲猛

スポーツ

愛甲猛

あいこうたけし

80〜90年代のプロ野球選手。

右投左打、ポジションは投手→一塁手背番号は1→9番。

1962年8月15日生まれ。神奈川県逗子市出身。

横浜高校のエース投手として1978年、1980年夏の甲子園へ出場、1980年には優勝に導いた。

1981年、ドラフト1位でロッテオリオンズに入団。

1983年、打者に転向し、1984年〜1989年までフルイニング出場を記録した。

1996年、無償トレードで中日ドラゴンズに移籍。

移籍後は代打の切り札として活躍。

2000年、現役引退。

プロ通算成績は1466試合出場、1142安打、108本塁打打率.269。535試合連続フルイニング出場のパ・リーグ記録保持者。

その後、マスターズリーグ東京ドリームスに参加。

2001年、2002年と続けて失踪騒動が起きるが、全てガセネタであった。

現在は千葉市内の会社で営業を行っている。