愛知航空機

一般

愛知航空機

あいちこうくうき

愛知航空機株式会社愛知時計電機製造株式会社から昭和18年(1943年航空機部門が分離独立した。戦後は愛知機械工業株式会社となり現在に至る。

日本海軍の99式艦上爆撃機艦上攻撃機流星改」等を開発・生産する他、ダイムラーベンツDB601エンジンを「熱田」として国産化し、空術廠が開発した艦上爆撃機彗星」の生産を担当した。