スマートフォン用の表示で見る

悪材料

社会

悪材料

あくざいりょう

主にマーケット用語として、相場株価が下がる要因となる出来事。「弱材料」「売り材料」などとも呼ばれる。

具体的には業績悪化、次年度の業績見通しの悪化、製品市況の低下などが悪材料に該当する。為替に影響を受ける業種であれば、たとえば円高なども悪材料となる場合がある。

一方で、例えば「赤字」は普通に考えると悪材料だが、市場参加者の多くの予想よりも赤字幅が小さかった場合、むしろ好材料として捉えられることもある。そのため、悪材料となるかどうかは市場から見た相対評価によると考えられる。

悪材料が出尽くしたと予想されると、むしろ株価が上がることもある。この場合「悪材料出尽くし」と表現される。