スマートフォン用の表示で見る

悪徳の栄え

読書

悪徳の栄え

あくとくのさかえ

ジュリエット物語あるいは悪徳の栄え(l'Histoire de Juliette, ou les Prosperites du Vice)

マルキ・ド・サドの長編小説、代表作。悪徳に生きた美女・ロルサンジュ公爵夫人ジュリエットの半生を通じて、あらゆる悪徳と悪の哲学を語る大著。

澁澤龍彦訳が日本では初訳出だが、内容が猥褻であるという理由で訴えられ(サド裁判)、結局澁澤側は敗訴し、完訳版は発禁処分となってしまう。現在流通している澁澤訳は抄訳となっている。なお、完訳版は未知谷より佐藤晴夫訳で1992年に出版されている。

悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫)

悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫)

悪徳の栄え〈下〉 (河出文庫)

悪徳の栄え〈下〉 (河出文庫)

ジュリエット物語又は悪徳の栄え

ジュリエット物語又は悪徳の栄え

関連→澁澤龍彦サド裁判マルキ・ド・サド