スマートフォン用の表示で見る

悪魔のZ

マンガ

悪魔のZ

あくまのぜっと

湾岸MIDNIGHT」に登場する、主人公・朝倉アキオの車。「頭文字D」で言うハチロク*1である。

ベース車はS30フェアレディZ、車体色はミッドナイトブルー。


かつて地獄のチューナー北見淳が全てを注ぎ込んでチューンした車。

北見が事故を起こし、その手から離れ、このZの乗った者は次々と事故死を起こした。事故のダメージがいつも比較的軽症で済んだZは乗り手を変えては事故を起こし、その事からいつしか「悪魔のZ」と呼ばれるようになる。

今の乗り手は主人公の朝倉アキオで、彼も3回事故(内2回は大事故)を起こしている。


悪魔のZは車という「機械」でありながら、まるで生き物のように意思を持っていると人々に思わせる。…そのため、Zを作った北見にすら、全容は把握仕切れていない。

また、この事が今まで数多くの事故を巻き起こしてきた原因とも取れる。

…そしてこの事が、人々を魅了していく理由でもある。


搭載されるエンジン*2の最高出力自体は約620馬力(ブースト1.5時、2.0約660馬力)と、フルチューンドのGT-Rなどと比べて低め。

しかし極めて高レベルのチューニングにより、数字では表せない速さを発揮する。

*1AE86スプリンタートレノ

*2:L28型ベースの3.1リッター・ツインターボ