悪魔城伝説

ゲーム

悪魔城伝説

あくまじょうでんせつ

コナミより1989年12月22日に発売されたファミリーコンピュータアクションゲーム

WiiWii Uバーチャルコンソールで配信されている。

また、携帯電話アプリとして移植された。

概要

悪魔城ドラキュラシリーズの一つ。横視点スクロールのステージクリア型アクションゲーム。途中で幾つかのステージ分岐が設けられている。

悪魔城ドラキュラ』から遡ること100余年、15世紀の中世ヨーロッパが舞台。トランシルヴァニアのはずれ、ワラキア地方の領主ヴラド・ツェペシュ公、通称ドラキュラが暗黒邪神をこの世に呼び覚まし、ワラキア全土を暗黒と殺戮の焦土へと変えていった。シモン・ベルモンドの先祖であるヴァンパイア・ハンター、ラルフ・C・ベルモンドは、ドラキュラを討伐するため悪魔城に挑む。

本作は途中で仲間を連れて行く事ができ、初めて敵とプレイヤーというキャラクター関係に色がついた。仲間は僧侶のサイファ・ヴェルナンデス、ドラキュラの魔力で化け物に変えられていた盗賊グラント・ダナスティ、ドラキュラの息子であるアルカードの3名がおり、1人だけパートナーとして同行させる事ができる。パートナーがいる場合は、ゲーム中に操作キャラクターを交代することが可能。

主人公ラルフは3段階にパワーアップするムチと、短剣や聖水など数々のサブウェポンを使いこなす。サイファは聖なる杖と3種類の魔法攻撃を使用可能で、グラントは短剣と斧で攻撃するほか、跳躍力に長け、壁に張り付く能力を持つ。アルカードは3段階にパワーアップするショット弾を使用でき、コウモリに変身して飛ぶことができる。

本作品に登場するアルカードは後に『悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲』で主人公として登場し、ラルフを含む3人の偽者が作中でボスとして登場している。