スマートフォン用の表示で見る

渥美清

映画

渥美清

あつみきよし

映画俳優

1928年(昭和3年)東京市下谷区車坂町(現・上野七丁目)に生まれる。

本名は田所康雄(たどころ やすお)


終戦後、旅回り一座の裏方から、役者となり

ストリップ劇場のコメディアンとして浅草の名門フランス座に出演。

結核で3年間の療養生活ののち認められてテレビ界に進出。



1951年浅草六区の「百万ドル劇場」、「フランス座」の専属コメディアンとなり、浅草軽演劇界で注目される。

1959年日本テレビのドラマ「すいれん夫人とバラ娘」でデビュー。NHKTVドラマ「若い季節」、NHKバラエティ「夢であいましょう」、フジTVのドラマ「大番」などで人気を得る。

映画にも出演、1963年野村芳太郎監督「拝啓天皇陛下様」でスターとしての地位を決定的なものとする。

1966年TBSドラマ「泣いてたまるか」で人気が定着。

1968年のフジTVのドラマ「男はつらいよ」(脚本山田洋次)が、爆発的人気番組となり、

翌年、山田洋次監督により松竹にて映画化され大ヒット。

以後シリーズとなり、1995年12月公開の「寅次郎 紅の花」まで48作品が作られた。

1996年8月4日、肺ガンのため亡くなる。68歳。