スマートフォン用の表示で見る

渥美東洋

一般

渥美東洋

あつみとうよう

主な職歴・業績・活動実績など

1955年 司法試験合格

1957年 中央大学法律学科卒

同年  中央大学法学部助手

途中、イエール・ロースクール客員研究員、中央大学法学部助教授を経て

1969年 中央大学法学部教授

1978年 中央大学にて法学博士

総合政策学部創設と同時に同学部長、教授

刑事訴訟法(新版、補訂)』有斐閣 2001年

『捜査の原理』有斐閣 1979年

『レッスン刑事訴訟法』(上)(中)(下)中央大学生協出版部 1985年、1986年、1987年

『法の原理』(I)、(II)、(III)中央大学生協出版部 1993年1993年、1995年

罪と罰を考える』有斐閣 1993年

刑事訴訟法における自由と正義』有斐閣 1994年

『複雑社会で法をどう活かすか』立花書房 1998年

『組織企業犯罪を考える』中央大学出版部 1998年

『日韓刑事法の探求』中央大学出版部 1998年

アメリカ合衆国における少年裁判所制度の動向」警察学論集第47巻6号 1994年

「『コミュニティー・ポリースィング』について」警察学論集第42巻9号 1994年

「刑事手続における被害者の法的地位」被害者学研究10号 2000年

「被害者の刑事法運用全システムに関する理論の発展に与えた影響の大きさ」宮沢浩一古希記念論文集所収 成文堂 2001年

公判とは別の途をとる手続きの性格と理解」白門52巻10号 2001年

オーストリアニュージーランドにおける少年法制度の研究 Family group conference を中心として」警察学論集53巻10号 2000年

「欧米諸国の少年非行対策の傾向」(財)社会安全研究財団女性事業研究報告書 2001年

数多くの反対を押し切り、所謂、盗聴法の制定に尽力した。