旭段ボール

社会

旭段ボール

あさひだんぼーる

旭段ボール旭段ボール株式会社)とは東京都大田区に本社を構える、

段ボール製品(シート、ケース)の製造及び販売を行っている企業である。

旭段ボール株式会社の会社概要

創業 昭和15年5月1日

設立 昭和26年4月13日

資本金 1億5000万円

■授権資本金 4億円

株主数 60名

役員

代表取締役 村瀬 行弘

専務取締役 村瀬 有亮

■従業員数 142名(男性130名・女性12名)

事業内容 段ボール製品(シート、ケース)の製造及び販売

事業所

本社/

〒143-0016 東京都大田区大森北5-15-23

TEL 03(3763)5271(代)

FAX 03(3765)1593

岩槻工場/

〒339-0011 埼玉県さいたま市岩槻区長宮464-1

TEL 048(799)1611(代)

FAX 048(799)1617

厚木工場/

〒243-0425 神奈川県海老名市中野2-17-1

TEL046(238)1131(代)

FAX 046(238)1135

■関連会社

和紙業株式会社/

〒111-0042 東京都台東区寿1-6-7

TEL03(3842)6511(代)

FAX 03(3841)2259

取引銀行

みずほ大森、商工中金大森、横浜大森、三菱東京UFJ大森、

りそな大森、埼玉りそな岩槻みずほ春日部みずほ厚木

■主要仕入先(敬称略)

伊藤忠紙パルプ(株)

日本紙パルプ商事(株)

丸紅パルプ販売(株)

和紙業(株)

■主要取引先(敬称略)

花王(株)

大正製薬(株)

日産自動車(株)

他400数十社

旭段ボール株式会社の沿革

昭和15年5月 東京都品川区に旭紙器工業(株)を創立し、外装、内装段ボール及び段ボールケースの製造を開始

昭和26年4月 本社・工場を現在地に移転し、社名を旭段ボール(株)と改称する

昭和36年10月 鶴見工場開設

昭和37年6月 酒田工場開設、現在東北旭段ボール(株)として分離独立

昭和39年7月 岩槻工場開設

昭和46年4月 厚木工場開設

昭和53年12月 先代社長村瀬憲臣の死去に伴い村瀬行弘が二代目社長に就任

昭和60年12月 三和紙業株式会社を第三者割当増資により完全子会社とする

平成2年5月 創業50周年をむかえ、各種記念行事を行う

平成8年8月 本社工場狭隘化のため岩槻厚木両工場に生産移管

平成12年5月 創業60周年をむかえる

平成13年5月 鶴見工場の生産を岩槻工場へ移管

平成14年4月 ISO9001:2000を認証取得(本社・岩槻工場・厚木工場)

平成17年5月 lSO14001:2004を認証取得(本社・岩槻工場・厚木工場)

平成22年5月 創業70周年をむかえる

旭段ボール株式会社の製品一覧

■原紙

ライナー(表面)用一般原紙

中芯用原紙

帯電防止用原紙

耐水用原紙

色つき原紙

■段ボール

Aフルート

フルート

フルート

■段ボール箱製品

みかん箱タイプ

ラップアラウンドタイプ

特殊タイプ

■段ボール部品

組仕切

その他緩衝材

各種設備

厚木工場

・コルゲート

1800mm×200m/分

・フレキソフォルダーグルアー(FFG)

4色1210mm×2700mm

2色1400mm×3000mm

・フレキソロータリーダイカッター

ソフトダイカッター

2色 1560mm×3150mm

ハードダイカッター

2色 1350mm×2180mm

2ヘッドステッチャー

サンプルカッター


岩槻工場

コルゲート

1800mm×200m/分

E段片面

1400mm×100m/分

フレキソフォルダーグルアー(FFG)

4色 880mm×2100mm

3色 1150mm×3000mm

オートプラテンダイカッター

1090mm×1600mm

ワンタッチケースグルアー

1000mm×2200mm

ロータリーダイカッター  

1350mm×2500mm

フレキソプリンター    

2色 1250mm×2355mm

プリンタースロッター   

2色 1210mm×2485mm


■試験設備

箱圧縮試験機

リングクラッシュテスター

恒温恒室試験室、破裂試験機、

傾斜式すべり試験機、衝撃穴アケ試験機、

抗張力試験機、罫線折り曲げ試験機

恒温乾燥機、他

旭段ボール株式会社の環境活動への取り組み

・環境への取り組み

段ボールは、何度でもリサイクルが可能かつ環境負荷の低い、地球環境にやさしい包装資材と言われている。

今後、企業として環境への取り組みが重要になってくる中、旭段ボールでは、環境国際規格であるISO14001を取得し、「次世代」へより良い未来を残す為、全社一丸となって地球環境保全に取り組んでいる。

・環境方針

旭段ボール株式会社は、段ボールシート及び段ボール製品の製造及び販売活動が環境保全と密接に関わりあっていることを認識し、当社の全ての領域で以下の行動指針のもとに事業活動を推進する。

・行動方針

1.環境に配慮した段ボールシート及び段ボール製品の製造及び販売を推進する。

2.原紙、電力など、資源及びエネルギーの有効利用を推進する。

3.廃棄物の分別を徹底し、再使用、再資源化を通じて廃棄物排出量の削減ならびに資源の有効利用を推進する。

4.環境に関連する大気、騒音など、法規制及び全ての当社が同意するその他の要求事項を順守する。

5.定期的に実施する環境マネジメントシステム監査、及びシステムの見直しを通じ、継続的改善を図る。

・その他環境への取り組み

バッテリーフォーク」

バッテリー型へのフォークへ変更。排ガスを排出しません。

「ガスボイラー」

重油からガスに変更。CO2排出量の削減になります。

「ダンボール製うちわ」

環境活動の一環として作成。注文することも可能。