スマートフォン用の表示で見る

旭日大綬章

社会

旭日大綬章

きょくじつだいじゅしょう

[英語表示] Grand Cordon of the Order of the Rising Sun

旭日大綬章は、日本の勲章のひとつで、旭日章のなかでも最高位の勲章。

受章者は、宮中において天皇から親授される。

明治期に確立した勲章制度により、2002年までは、「勲一等旭日大綬章」とされていたが、2002年8月の閣議決定「栄典制度の改革について」で現行名称に変更されることが決まり、2003年の受章者から現行名称で授与されている。

授与基準

2003年5月の閣議決定「勲章の授与基準」によれば、旭日大綬章の対象者は、「内閣総理大臣衆議院議長参議院議長又は最高裁判所長官の職にあって顕著な功績を挙げた者」とされており、さらに「国務大臣内閣官房副長官副大臣、衆議院副議長、参議院副議長又は最高裁判所判事の職*1にあって顕著な功績を挙げた者」を1ランク下の旭日重光章またはこの旭日大綬章の対象としている。ただし、実際の受章者には、功績の顕著な県知事大企業経営者労働組合幹部なども含まれている。

*1:これらに準ずる職を含む