芦屋小雁

一般

芦屋小雁

あしやこがん

喜劇俳優。昭和8年京都府生まれ。特撮映画のコレクターとしても有名で、「ドラキュラ百科」(廣済堂出版)、「シネマで夢を見てたいねん」(晶文社)の著作がある。

幼い頃、絵を書くことが大好きで商業美術の道を志すが、当時 花形であった漫才に 惹かれ、兄・芦屋雁之助と共に、昭和25年頃より京都大阪を中心に寄席劇場に出演 する。その後、テレビ放送が始まると同時に拠点を大阪に移し、週10本のレギュラ− (「番頭はんと丁稚どん」他)に出演する人気タレントとなる。昭和34年、芦屋雁之助を含む当時の仲間と共に 劇団「笑いの王国」を結成。昭和39年には、芦屋雁之助 を座長に、弟・芦屋雁平?を加えて劇団「喜劇座」を結成し、数多くの作品を残す。

現在は舞台公演・テレビ・ラジオにも数多く出演。書籍の執筆や、人物画・遊び絵など にも熱中する。