スマートフォン用の表示で見る

或る阿呆の一生

読書

或る阿呆の一生

あるあほうのいっしょう

 芥川最晩年の作品。みずからの精神的遍歴を、痛々しいほど真摯に綴ったエッセイ集。