粟生隆寛

スポーツ

粟生隆寛

あおうたかひろ

プロボクシング選手。

1984年4月6日生まれ。千葉県市原市出身。

父親の指導の下、3歳からボクシングを始める。

習志野高校1年時に、選抜大会バンタム級優勝。2年で高校総体バンタム級国体バンタム級・選抜大会フェザー級優勝。3年で高校総体フェザー級国体フェザー級優勝。「高校アマ6冠」を達成する。アマチュア通産戦績76勝(27KO・RSC)3敗。

帝拳ジムに入門。2003年9月プロデビュー。デビューから11連勝中。WBCフェザー級にもランクインされている。

2007年3月3日、梅津宏治が持つ日本フェザー級王座に挑戦し、判定で王座を奪取した。

同年7月7日、秋葉慶介?を判定で下し初防衛に成功。

2008年4月5日には、同じくプロ無敗のOPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオン榎洋之WBA王座挑戦者決定戦も兼ねた王座統一戦を行うが、ドローで決着つかず。

同年10月16日、WBCフェザー級王者オスカー・ラリオスを相手に初の世界挑戦。4回にダウンを奪うも、ラリオスの老獪な試合運びに盛り返され、1−2判定負け。挑戦失敗とともに初黒星を喫する。

2009年3月12日、ラリオスとのダイレクト・リターンマッチ。序盤から攻勢を取り続け、最終12ラウンドにはダメ押しのダウンも奪い、念願のWBC世界フェザー級王座を獲得した。


実弟である粟生竜太も2005年にプロデビューした。



リスト::ボクサー