スマートフォン用の表示で見る

安史の乱

一般

安史の乱

あんしのらん

年代:西暦755年〜763年

安禄山・史思明の乱とも。唐代の節度使の安禄山が起こした反乱。もともとは玄宗の側近である楊国忠と安禄山の対立が原因で起こったとされる。

安禄山が息子に殺された後はさらに史思明がそれを引き継いだ。

唐はかろうじて乱を治めるが、以後その力は衰え、やがて唐の滅亡と五代十国の戦乱の時代を迎えることになる。