スマートフォン用の表示で見る

安仁屋宗八

スポーツ

安仁屋宗八

あにやそうはち

60〜70年代のプロ野球選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は16→18→15番。

1944年8月17日生まれ。沖縄県那覇市出身。

1962年沖縄高校のエースとして甲子園に出場。

卒業後琉球煙草に入社。

1963年、大分鉄道局の補強選手として、社会人野球沖縄県出身者として初めて都市対抗野球*1に出場。

1964年広島カープに入団。沖縄県出身者としては初めてプロ入り選手として注目を浴びた。

1968年根本陸夫に見出されエース投手となる。23勝を挙げた。

1975年若生智男との交換トレードで阪神タイガースに移籍。12勝5敗、防御率1.91で最優秀防御率カムバック賞に輝いた。


1980年広島東洋カープに復帰。カープ黄金時代に貢献。

巨人戦に強く、34勝を挙げ「巨人キラー」として名を上げる。

1981年、現役引退。通算成績は655試合、119勝124敗。


引退後は広島東洋カープ投手コーチに就任。黄金期の投手陣を形成する。

1994年、二軍監督に就任。1997年、退団。

退団後はRCC中国放送野球解説者の側ら、マスターズリーグ福岡ドンタクズの選手としても活躍。

トレードマークとなるひげを生やす。

2005年、一軍投手コーチに復帰。同年、退団。


同年、那覇市に安仁屋ベースボールクラブ?設立

2006年、22年ぶりの自由契約選手となる。

*1:幼い頃から読売ジャイアンツ藤田元司に憧れを抱いており、都市対抗野球の際に、当時巨人の本拠地であった後楽園球場を訪れた際には感動したという。