安藤光彰

スポーツ

安藤光彰

あんどうみつあき

騎手

安藤勝己の兄。

1959年1月5日 愛知県出身 

やぎ座・A型


デビューは弟と同じ1976年10月20日。

笠松5レースでダテメイゲツでデビューし、3着。

翌日の10月21日の笠松2レースをニューパーソロンで勝ち3戦目で初勝利を挙げる。

同期には弟のほか、同じ笠松で活躍している濱口楠彦、1561勝を挙げた仙道光男大井で活躍している早田秀治がいる。

遠征にも積極的でしばしば中央にも参戦し、タイムパラドックスシーイズトウショウ重賞2勝挙げ、ベッスルキングで神戸新聞杯で3着に入り菊花賞に出走した事がある。また、南関東で期間限定騎乗した事がある。

2007年3月1日からはJRA騎手として騎乗することとなった。

当初は栗東所属の弟に対し、美浦菊川厩舎所属だったが、家庭の事情から現在はフリーで栗東所属となっている。

JRA騎手(平地・障害含め)として最年長騎手

主な騎乗馬:ベッスルエース、ベッスルキング、ハカタダイオー、トミケンライデンハカタビッグワン、ホーエイトップ、ハカタヤマガサなど


主な重賞勝ち

CBC賞(G?):シーイズトウショウ

平安S(G?):タイムパラドックス

オグリキャップ記念(統一G?):ハカタビッグワン

全日本サラブレッドカップ(統一G?):トミケンライデンハカタビッグワン

東海ゴールドカップ:ハカタダイオー、トミケンライデン

名古屋大賞典:ベッスルエース

東海桜花賞:ベッスルエース、ハカタダイオー2回

東海大賞典:メーカーロッキー

くろゆり賞:マーブルジヨージ、ハッピーダンデイ、ハカタビッグワン、ホウシュウタイム

中日スポーツ杯駿蹄賞:トミシノシエンロン、ベッスルキング、ハカタダイオー、ブルーロビンソンメジャーガール

ジュニアグランプリ:エイブルダイオー、ミスターボーイ

名古屋杯:リリークイン、ハカタヤマガサ、ホーエイトップ

アラブギフ大賞典:ハカタヤマガサ

アラブダービー:キンカセンプー、ホーエイトップ

岐阜王冠賞:ポールドヒユーマ

岐阜銀賞:マルタカジプシー