スマートフォン用の表示で見る

安藤信正

一般

安藤信正

あんどうのぶまさ

幕末期の政治家(1819.11.25-1871.10.08).老中陸奥国磐城平藩主

父は安藤信由.もともとの名前は信睦(のぶゆき).対馬守.号は鶴翁.

1847(弘化4)年遺領相続.翌年奏者番,51年寺社奉行,58年若年寄,60年1月老中兼外国事務専掌.

同年3月に桜田門外の変大老井伊直弼が暗殺されると,老中久世広周とともに幕政を主導.日普修好通商条約締結,ヒュースケン事件の解決など困難な外交問題を処理.将軍徳川家茂の正室に孝明天皇の妹和宮を迎える公武合体計画を推進したため,62(文久2)年に尊皇攘夷派の志士たちにより,襲撃され負傷(坂下門外の変),失脚した.

戊辰戦争では新政府軍に対抗して奥羽越列藩同盟に参加,敗退して処罰された.