安部理

スポーツ

安部理

あべおさむ

80〜90年代のプロ野球選手。通称「エビイ*1」。

左投左打、ポジションは外野手背番号は36→6→25→38番。

1962年12月19日生まれ。岩手県出身

東北高校で4度甲子園に出場。「東北掛布」と称された。

1981年、ドラフト4位で西武ライオンズに入団。

1986年、イースタンリーグ本塁打王獲得を機に、一軍に上がる。

1987年左翼手の定位置を獲得。

秋山幸二平野謙と共に外野を築き、西武ライオンズの後期黄金時代に貢献。

日本シリーズでも活躍、大塚光二と共に「シリーズ男」と呼ばれた。


1997年、テスト入団で近鉄バファローズに移籍。指名打者として活躍。


1999年、現役引退

2006年、東北楽天ゴールデンイーグルス・ジュニアコーチとして仙台市を中心とした小学校への訪問や、

東北6県で開催されているリトルリーグを対象とした野球教室の講師を務めている。

また、スカイA野球解説者、マスターズリーグ東京ドリームスの選手としても活躍。

*1:安部はローマ字でABEと表現される事から命名。