スマートフォン用の表示で見る

安和の変

一般

安和の変

あんなのへん

西暦969年、関白藤原実頼左大臣源高明らに謀反の意ありとして失脚させた事件。

主な経過

謀反の密告があったとされるが密告の内容は不明である。

清和源氏源満仲藤原氏に加担し、その弟である源満季もまた藤原氏につき藤原秀郷の息子藤原千晴らが謀反に加担したとして処罰させてしまう。ついには高明も謀反に加担したとされ、彼は大宰府に左遷されてしまった。

結果

冷泉天皇円融天皇譲位藤原秀郷の子孫が中央から廃され、清和源氏摂関家と結んで勢力を伸ばす。