暗黒神ラプソーン

ゲーム

暗黒神ラプソーン

あんこくしんらぷそーん

ドラゴンクエストVIIIの最終ボス。

かつて七人の賢者神鳥レティスによって、魂をトロデーン城の秘宝の杖に、肉体を聖地ゴルドに封印されていた。だが、ドルマゲスらの手により、その賢者達の末裔を根絶やしにすることによって現世に復活を遂げる。現代に至っても魔力は健在で、数多くの配下を従えている。

第一、第二形態が存在し、第一形態は、居城である暗黒魔城都市で戦闘を行い、第二形態は、闇に包まれた空(翼を持つ者の場所)が決戦の舞台となる。

ファンの間では第一形態は「プチソーン」、第二形態は「デブソーン」などと呼ばれることもある。

モンスターズにおけるラプソーン

第一、第二形態共に登場する。主に前者は「魔王ラプソーン」、後者は「大魔王ラプソーン」として区別される。

「モンスターズ ジョーカー」シリーズでは所有スキルも前者が「プチソーン」、後者が「ラプソーン」となる。

「モンスターバトルロード」におけるラプソーン

以下の章で大魔王クラスとして第二形態が登場。

使用するとどめの一撃は「ドルマドン」(「モンスターバトルロードII LEGEND」のみ)。


リスト::ドラクエのイベントボス