鞍馬街道

地理

鞍馬街道

くらまかいどう

京の七口の一つである鞍馬口から延びる街道のこと。京都から北へ出て、岩倉の幡枝、二軒茶屋を過ぎて二ノ瀬鞍馬寺から花背へと続き、京都市北部の山間部を抜けて丹波へと通じている。