スマートフォン用の表示で見る

鞍馬山

地理

鞍馬山

くらまやま

京都市左京区にある鞍馬寺の山号が鞍馬山


その鞍馬寺があるのが、鞍馬山標高584m)。

鞍馬寺の愛山料は¥200.


以下、Wikipediaより

霊山として知られ、密教による山岳修験の場として栄えた。

延暦15年796年)、あるいは宝亀元年(770年)には、

鞍馬山の南中腹に毘沙門天を本尊とした鞍馬寺が創建された。

また、牛若丸(後の源義経)の修行の地であり、「鞍馬天狗」で

知られている。

古くより、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られた。

更級日記」にも鞍馬山春秋の姿が描写されている。


鞍馬寺では、鞍馬山そのものがご神体と考えられており、

動植物の採取は一切禁止されている。

山菜の採取はもちろん、標本としての植物採集も慎む

べきである。