スマートフォン用の表示で見る

伊勢物語

読書

伊勢物語

いせものがたり

平安時代の歌物語。別名を『在五中将日記』とも。9世紀末から10世紀前半にかけて成立したと考えられる。

在原業平をモデルにしたと思われる(ただし、文中では「昔、男…」などとぼかした形で語られている)主人公の一代記を和歌を交えて伝えている。「二条后」といわれた藤原高子との恋物語、伊勢斎宮との密通譚、東下り、惟喬親王との物語などが有名。