スマートフォン用の表示で見る

伊勢湾台風

サイエンス

伊勢湾台風

いせわんたいふう

伊勢湾台風は、昭和34年台風第15号(国際名:Vera)の気象庁による命名。

1959年9月26日〜9月27日にかけて、紀伊半島から東海地方を中心とし、ほぼ全国にわたって甚大な被害を及ぼした台風

概要

1959年9月21日にマリアナ諸島東海上で発生した台風第15号は、中心気圧が1日に91hPa下がるなど猛烈に発達し、非常に広い暴風域を伴った。最盛期を過ぎた後もあまり衰えることなく北上し、26日18時頃和歌山県潮岬の西に上陸した。

上陸後6時間余りで本州を縦断、富山市の東から日本海に進み、北陸東北地方日本海沿いを北上し、東北地方北部を通って太平洋側に出た。

勢力が強く暴風域も広かったため、広い範囲で強風が吹き、伊良湖(愛知県渥美町)で最大風速45.4m/s(最大瞬間風速55.3m/s)、名古屋で37.0m/s(同45.7m/s)を観測するなど、九州から北海道にかけてのほぼ全国で20m/sを超える最大風速と30m/sを超える最大瞬間風速を観測した。

紀伊半島沿岸一帯と伊勢湾沿岸では高潮、強風、河川の氾濫により甚大な被害を受け、特に愛知県では、名古屋市弥富町知多半島で激しい暴風雨の下、高潮により短時間のうちに大規模な浸水が起こり、死者・行方不明者が3,300名以上に達する大きな被害となった。また、三重県では桑名市などで同様に高潮の被害を受け、死者・行方不明者が1,200名以上となった。この他、台風が通過した奈良県岐阜県でも、それぞれ100名前後の死者・行方不明者があった。

阪神・淡路大震災が起きるまで戦後最大の被害があった自然災害であり、気象庁によって伊勢湾台風と命名された。室戸台風枕崎台風とともに昭和の三大台風とされている。

被害

  • 死者4,697名
  • 行方不明者401名
  • 負傷者38,921名
  • 住家全壊40,838棟
  • 住宅半壊113,052棟
  • 床上浸水157,858棟
  • 床下浸水205,753棟

など