スマートフォン用の表示で見る

伊達三郎

映画

伊達三郎

だてさぶろう

大阪市大正区生。45年大映京都に入社、『おかぐら兄弟』(46)でデビュー。

『地獄門』『雨月物語』(53)『山椒太夫』(54)などに助演。時代劇、現代

劇問わず大映映画の悪人役を一手に引き受けた感じがあるほど代表的なバイプレイ

ヤー。名画座でこの人が映画に登場すると拍手まで起きたという。『薄桜記』(5

4)『雪之丞変化』『斬る』(63)などが印象的である。

・・・・・・・・

上記*キネマ旬報臨時増刊「天晴れ!時代劇」より

・・・・・・・・

大映映画にはほぼ毎回のように出てくる脇役さん。

アゴのとがった特徴的な顔の持ち主なので、すぐに存在が頭にインプットされてし

まう。そして一度この人の事が気になりだすと、主役の登場シーンよりむしろ伊達

三郎の登場シーンにドキドキしてしまうようになるのだ。