スマートフォン用の表示で見る

伊達秀宗

一般

伊達秀宗

だてひでむね

江戸時代初期の武将。伊達政宗の長男。侍従遠江守。

豊臣秀吉から一字を取って秀宗と称する。

長男でありながら正室の子ではなかった(庶長子)であったため

伊達家の家督は弟の忠宗が継ぐこととなる*1

慶長19年(1614)、伊予宇和島10万石を賜り

後の雄藩、宇和島藩の礎を築いた。

*1徳川家を憚り、豊臣家に近かった秀宗を遠ざけ、忠宗に家督を継がせたという説もある。