伊東正義

一般

伊東正義

いとうまさよし

政治家。大正2(1913年)12月15日福島で生まれ、農水省・局次長より政界入り。

第2次大平正芳内閣官房長官、さらに急死した大平にかわり臨時首相代理を務めたのち、続く鈴木善幸内閣では外相に就任した。

竹下登内閣リクルート事件により総辞職したのち、後任を請われるも断ったエピソードも残る。

平成6年(1994年)5月20日、肺炎のため東京の自宅で死去。

経歴

1979年大平内閣官房長官、大平首相死去に伴い、1ヶ月強、臨時首相代理を務める。
1980年鈴木善幸内閣外務大臣を務める
1989年竹下内閣辞任時、自民党総務会長の職にあり、総理に推されるも辞退する。
1994年肺炎のため東京の自宅で死去。